アカウント凍結させない為にもTwitterデータを理解しよう

ツイッターアフィリエイトを行ううえで、一番の悩みがアカウント凍結ですよね。

これは、SNSというサービスを利用している以上、避けられない事だと考えています。

ただ、凍結率を下げる事は可能だと考えており、そこで1つ覚えておくと役立つ「Twitterデータ」について、今回は僕の見解をお話ししようと思います。

Twitterデータの重要性

Twitterデータを見たことはありますか?

ここには、アカウントが作成された日付や作成時のIPアドレスなど、そのアカウントに関する詳細なデータを見る事が出来ます。

これらを追う事で、凍結対策をしたり凍結した原因を探るのに役立てる事が出来ます。

「アカウント作成」について

アカウント作成の項目は、作成された日付と作成時のIPアドレスと国を確認する事が出来ます。

ということは、ツイッター側はアカウント作成時のデータを記憶しているという事になりますよね。作成時のIPアドレスと運用時のIPアドレスは同じにすべきというのはここから考えられています。

少なくとも同じ国ではあるべきでしょう。
例えば、アメリカで作成されたアカウントがロシアで動いてたら違和感が出ますよね。

ここで良くされる質問
「海外旅行や移住などから作成された国と運用される国に相違が出るのは”普通”にあり得る話しではないのか?」と質問を頂く事がありますが、それは”普通”に使っている一般ユーザーさんの話しであって、僕らはプロキシも利用しますしAPIも利用します。そもそもがツイッター側に目を付けられやすい存在なんですから”普通”レベルで考えるべきではないです。凍結する可能性を1%でも減らせるならそこは努力すべきでしょう。

実際に、IPアドレスを統一した場合とそうではない場合では、ロック頻度に差が出た検証データがある事から少しの努力で避けられるのであれば、避けるべきでしょう。

したがって、僕はアカウントを購入してきて運用するノウハウを推奨しません。

どこで作成されたアカウントか分からないですし、作成時に使用されたIPアドレスが何回使われてきたのか不透明すぎます。不安要素が多いことから購入アカウントノウハウを僕は推奨していません。

「電話番号」について

電話番号が入っているアカウントと入っていないアカウントでは、アカウントのロックや凍結頻度に差が出ます。

したがって、全てのアカウントに電話番号を設定する事を推奨していますが、ここにも注意が必要です。

先ほどの理論と同じように、アメリカのプロキシを用意し作成と運用を始めたのに、電話番号だけ日本というのはおかしな話しです。要は矛盾を無くす事です。

最近は、GoogleVoiceを使ったノウハウも浸透してきて、アメリカの電話番号を手に入れる事は容易になりましたね。

作成した国、運用する国、メールアドレスや電話番号など、矛盾なく統一する事がまずは凍結対策の第1歩だと僕は考えます。

GoogleVoiceについて

下記画像を見て下さい。

これは、国別のTwitterがサポートしているモバイルキャリアの一覧です。
Twitter – About supported mobile carriers

GoogleVoiceは、システムの穴を付いている訳ではなくTwitterが許可しているキャリアです。
他の無料電話番号サービスは使えないのに、GoogleVoiceだけ使える理由がこれです。

「アカウント履歴」について


アカウント履歴からもいくつか察する事が出来ます。
「アカウントアクセス履歴」では、そのアカウントの操作全てが記録されている事が分かります。

という事は、過去使っていたIPアドレスやAPI情報などは確実に残ると断定する事が出来ます。

したがって、「IPアドレスを頻繁に変えるのは良くない」とか「複数のAPIを利用してアカウントを操作するのは良くない」と考えられています。

アカウントロックはTwitterルール違反した訳ではない

アカウントロックは、本人確認や所有者の確認をする為に行われるものであり、ルールを違反した為の制裁ではないと考えています。

もちろん、ロックは掛からない方が良いですが、ロックにそこまで怯える必要はありませんし、Twiftではロックを自動で解除してくれる「自動アンロック機能」もありますから、それほど難しい問題ではないというのが僕の見解です。

アカウントアクセス履歴の詳細

「アカウントアクセス履歴」→「すべて表示」で上記のような画面を表示させる事が出来ます。

作成から運用まで全て同じプロキシとAPIで統一する事で、上記画像のように1つだけ表示されます。

逆に、IPアドレスやAPIを頻繁に変える人は、履歴に表示される項目が多いはずです。また、アカウントを購入したりすると「履歴が汚れている」と表現していますが、表示される項目が多いことでしょう。

Twitterデータ考察まとめ

綺麗な状態を保つ事は、アカウント凍結対策・ロック対策では重要な事だと考えています。

ただそれだけでは凍結を完全に回避する事は難しいですが、Twitterデータからでもここまで読み取り考察する事が出来ます。

あなたのアカウントのTwitterデータはどうですか?
ロックが頻繁に掛かるアカウントや凍結から復活したアカウントのデータを一度チェックしてみてはいかがでしょう。何か分かるかもしれません。

ただ、分かった所で、もうどうしようもないんですけどね。
作成時から気を付ける事であって、知ってる人と知らない人では収益化を始める頃に差が出てきてしまいます。

いかがでしたでしょうか?
共感できる部分がありましたら、あなたのツイッターアフィリエイトの参考にしてみて下さい。

ツイッター最強マーケティングツールTwift

Twift(ツイフト)公認パートナーmizutaが
Twiftを徹底紹介しています。

30日間無料でツイフトを始めてみる


当サイト特別申し込みフォームからお申込み頂ければ、30日間無料で利用可能!さらに当サイト限定の特典をプレゼント!