ツイッターってアダルト禁止なの?

「ツイッターはアダルト禁止」というのを良く聞きますが、本当に禁止なのか?現在もツイッター上で存在しているアダルトアカウントはこの先どうなってしまうのか?

一部では、「アダルト系はそのうち凍結するからやらない方が良い」とか「捕まるからやらない方が良い」とか言われていますが、僕なりの視点と考えでツイッターではアダルトアフィリエイトが可能かどうかを紹介していきます。

ほとんどの事がツイッターヘルプセンターを確認する事で判断する事が出来ます。今回は、ツイッターヘルプセンターにある、Twitterルールとポリシーを元に解説していこうと思います。

メディアについてのTwitterのポリシー

成人向けなどのコンテンツの掲載を部分的に許可することがあります。ただし、そのようなコンテンツをプロフィール画像やヘッダー画像に使用することを禁じます。

引用:メディアについてのTwitterのポリシー

成人向けなどのコンテンツ、要はアダルト系のツイートをツイッターは許可しています。ただし、プロフィール画像やヘッダー画像にエロ画像を設定する事は禁止されています。

ここを知らずに、プロフィールにエロ画像を設定しているアフィリエイターは次々とアカウントが凍結してゆき「ツイッターはアダルト禁止!」なんて勝手な事を言い出しています。それはアダルトに限らず、ルールを違反しているのだから凍結は当然の事です。

どこまでが成人向けコンテンツ?

ポルノをはじめとする性的興奮の喚起を目的とした画像/動画をすべて成年向けコンテンツと見なしています。例としては以下の場面を撮影したものが挙げられますが、これらに限定されません。

  • 全裸または半裸(生器、臀部、胸部を拡大して撮影したものを含む)
  • 性行為をしているように見せること
  • 性交などの性的行為全般(人間だけでなく、人型の動物、漫画やアニメの登場人物が関わる場合を含む)

引用:メディアについてのTwitterのポリシー

全裸または半裸はまぁ僕らでも成人向けコンテンツだろうなと判断できますが、性行為をしているように見せることや性的行為全般もたとえ服を着ていても禁止されています。

また、”漫画やアニメの登場人物が関わる場合”とありますので、2次元コンテンツもしっかりチェックされています。具体的な対策が取りづらいってのもありますが、体感では2次元コンテンツの方が凍結している印象はあります。

あとは経験則に基づいて、ここまではセーフ、ここまではアウトと把握していくしかないです。そうなると、1人ではなかなか大変なのでコミュニティなどの数の利を活かして検証していくのが効率が良いです。

膨大なデータを見た僕の感覚としては、恐らく色と線で判断されています。

Twitterにおける私的な画像/動画の投稿について

本人の同意を得ずに撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿したり共有したりすることは禁じられています。

このルールの適用範囲

  • 全裸、セミヌード、性行為などを隠しカメラで撮影したコンテンツ
  • 他人の性器、臀部、胸部を見せるために密かに撮影された画像または動画(クリープショットやアップスカート、日本では “盗撮” と呼ばれるコンテンツ)
  • 公開されることを意図せず、プライベートな状況で撮影された画像や動画
  • 適用法令に基づきプライベートなものと考えられる画像や動画

引用:Twitterにおける私的な画像/動画の投稿について

これらはプロフィール画像とか関係なく、投稿(ツイート)そのものを禁止しているので、パンチラ系や街撮り系などのジャンルを扱うと高確率で凍結します。アダルト要素はなくても盗撮系など隠し撮りしたような画像や動画を頻繁にツイートしているとこれらもかなりの確率で凍結します。

また、素人系のアダルトアカウントを運用しようとした場合、プロフィール画像などにリアリティや素人感を出したい為に、プライベート画像や私的な画像を使用してしまいますと、これらも凍結の原因となります。

全てのアダルト系アカウントに言える事

オールジャンルのアダルト系アカウントに関しても注意が必要です。運用するアカウントに設定しているボットの中に、盗撮系などのコンテンツが混ざっていると凍結するケースがあります。アダルト系のボットを作る際は、これらには気を付けて下さい。

例えば、Twitter上で自動収集したツイートなんかは、いちいちボットの中身を確認しないですよね。これは僕からするとかなりリスキーです。

「もし無修正が混ざっていたら」
「もし盗撮系ジャンルが混ざっていたら」

そう考えると恐ろしくてパクツイなんて出来ません。アダルト系ノウハウでパクツイを推奨している人は、すごいなぁーリスク面ってどう考えているんだろうと思ってしまいます。

僕のツイッターアダルトアフィリエイトノウハウはパクるメリットがないんですよね。
僕が指導しているメンバーには、これらは細心の注意を払わせています。

運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

アカウントをアクティブな状態に保つには、少なくとも6か月ごとにログインして、ツイートするようにしてください。アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります。

引用:運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

アダルトに限らず、6か月間アカウントを放置すると凍結します。
ツールを使ってボットを動かしているでしょうし、6か月間ツイートしないなんて事はまずないと思いますが、ロック状態で6か月間放置とかアカウント凍結を6か月以内に解除申請しなければ永久凍結になりますので、注意が必要です。

6か月毎にログインしなくてはならないの?

そうなるとツール運用なんて出来ませんよね、したがってTwitterルールには次の事が書かれています。

運営の痕跡がないアカウントに関するTwitterの判断基準

運用されていないアカウントに関しては、ツイートとログインの組み合わせに基づいて判断します。

引用:運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

ログインしていなくても、ツイートさえしていれば運営しているとみなしてもらえます。さすがに一般ユーザーにまで影響してしまう内容なので、当たり前の対応だとは思いますが、この辺もキチンと規約として把握されている人が今のツイッターアフィリエイトの世界で生き残っている印象はあります。

アカウントの行為のルールと留意点について

Twitter検索を利用する際の一般的なルール

  • 内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する。
  • 特定のトレンドトピックやハッシュタグ(#記号の付いたキーワード)を乱用する。
  • ツイートや返信の送信を自動化する。
  • ボットやアプリケーションを使って特定のキーワードで構成された似たような文章を投稿する。
  • 複数のアカウントで同じような文章を投稿する。
  • フォローとフォロー解除を過剰に行う。

Twitterは優れた検索品質を提供できるように、こうした行為が見られるアカウントを検索結果から自動的に除外する(または凍結などの対応を行う)ことがあります。

引用:運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

Twitter検索を利用する際の一般的なルールという項目の中にも重要な事が書かれています。これらの行為を頻繁に行うと、検索には表示されないという旨ですが、カッコの中に”または凍結などの対応を行う”と明記されています。

割とアフィリエイターがやりがちな行為がズラッと並んでいますので、これらにも注意が必要です。ただ、アフィリエイトをする上でどうしても避けられない行為もありますので、どこまでやるとどうなるかというのは検証して把握していくしかありません。また、避けられるものであれば避けた方が確実に良いです。

少しでも欲張ると間違いなく凍結します。ルールをしっかりと把握した上で判断していくべきです。

この辺りはノウハウだと思いますが、例えどんな良いツールを使っていても、ノウハウは別で考えていく必要があると思っています。僕もツイフトという素晴らしいツールを使いつつもやはり使い方には独自で考えノウハウを構築しています。

児童ポルノ及び児童の性的搾取に関するポリシー

「一般的なガイドラインとポリシー」にも注意が必要です。

Twitterでは、児童ポルノ及び児童の性的搾取に該当する行為を一切禁止しています。Twitterは、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するコンテンツや画像へのリンクを発見した場合、予告なくその投稿を削除し、全米行方不明/被搾取児童センター(NCMEC)に通報します。児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するツイートや、そのようなコンテンツへのリンクを含むツイートを送信したアカウントは永久凍結されます。

引用:児童ポルノ及び児童の性的搾取に関するポリシー

当たり前の話しですが、法律に触れるような事をしていると、遅かれ早かれ間違いなく凍結します。さらに逮捕されるので本当に気を付けて下さい。

実際にツイッターから何名もの逮捕者が出ていますし、アフィリエイターが捕まったケースもあります。キチンと認識して取り組まないとリスクしかないのがアダルトアフィリエイトの現実です。

アカウント凍結はなるべくしてなる

以上の事から、アカウント凍結の対象となるアフィリエイターは必然的です。

うまく行かなかったから「アダルトは禁止」と判断するのはあまりにも軽率です。なぜうまく行かなかったのか考え、追及し次に活かしていくべきです。こういったのが本質的なスキルというか取り組み方ではないでしょうか。

僕はツイフトを長く使っていますが、大きな凍結は一度もありません。それは、これらのルールをしっかり認識したうえで深く考え、運用している結果だと思っています。

他にも色々抑えるべきポイントはありますが、今回はTwitterルールとポリシーを元に解説させて頂きました。これらを理解しているだけでも凍結率というのはかなり変わってくるので良かったら参考にしてみてください。

ツイッター最強マーケティングツールTwift

Twift(ツイフト)公認パートナーmizutaが
Twiftを徹底紹介しています。

30日間無料でツイフトを始めてみる


当サイト特別申し込みフォームからお申込み頂ければ、30日間無料で利用可能!さらに当サイト限定の特典をプレゼント!